カナガンドッグフード

毛並も艶々に!健康維持にも最適!

カナガンドッグフードは、英国産のグレインフリータイプのドッグフード。獣医師が推薦しているハイクラスなドッグフードです。

 

 

ドライフードで実現したおいしいドッグフードは、愛犬の健康管理もしっかりしてくれます。

 

 

グレインフリーで穀物不使用です。人工添加物を使わず、全犬種の全ライフステージにあったフード選びができます。

 

 

獣医師がカナガンを推薦しています。イギリスで8割以上のリピート率があり、こだわりの原材料を用いて、製造しているフードです。

 

 

かわいいからってついついいろんなものを食べさせすぎてしまう。太ってしまうと、犬もしんどいのに、ダイエットさせるのもかわいそう。

 

 

そんな大事な愛犬のために、フードを変えるだけで適度な体重管理ができます。ベスト体重になって、毛並が良くなって、ウンチの状態も良くなると、公園を元気に走り回ることもできるようになります。

 

 

偏食気味だったり、おやつばっかり食べたりというのは、ワンコにも良くないんです。

 

 

ペットフード人気おすすめ商品比較

商品名 カナガンドッグフード わんかーむ やわか カナガンキャットフード ナチュロル
ジャンル 高級ドッグフード しつけ用おやつ ソフトタイプドッグフード 高級猫用キャットフード 健康寿命伸ばすドッグフード
価格 3,564円(税抜)〜 1,980円(税抜) 3,980円(税抜)〜 3,564円(税抜)〜 お試し100円
内容 1袋(2kg) 10枚×3袋(約1ヶ月分) 1袋(1.2kg) 1袋(1.5kg) 初回30g
送料 送料無料 送料600円 送料無料 送料無料 送料770円(北海道913円・沖縄や離島1420円)
返金保証 返金保証無し 無し 無し 無し 返金保証有り
特典 1回の購入金額が多い程最大20%OFF 犬のしつけ無料相談・しつけ方ガイドブック進呈 2回目以降10%OFF お届け周期が選べます。 まとめ買い30%OFF
決済方法 クレジットカード・代金引換 クレジットカード・コンビニ後払い クレジットカード・代金引換・後払い クレジットカード・代金引換 クレジットカード・NP後払い

 

カナガンドッグフード(canagan dogfood)イギリスでは80%以上のリピート率!

おいしいフードだから、食いつきも違います。しかも体に良いパーフェクトフードです。

 

 

犬は本来肉食動物なので、唾液の中にアミラーゼが含まれていません。

 

 

アミラーゼはデンプン質の炭水化物が胃に到達する前に分解する成分です。これがないので、炭水化物は犬にとっては消化しにくいものになります。

 

 

日本人はご飯を主食にしますから、どうしても犬にもご飯をあげようとしてしまいがち。でも犬にとっては身体に負担がかかることなんです。

 

 

そのため、グレインフリーの穀物を使用しないドッグフードをあげることで、胃もたれをふせぎ、消化の良い食べ物にしてあげることができるんです。

 

 

低アレルギーでもあるので、小麦、乳製品などを使用していない、安全なドッグフードになっています。

 

 

人口添加物、肉副産物、遺伝子組み換え原料、成長ホルモンなども使用していない、原材料にはこだわりを持って厳選したものを使用しています。

 

 

今ならサイトから格安価格で入手できてお得です。定期購入だと割引率が高くなってお得です。おすすめです。

 

イギリス最高級のグレインフリードッグフード

ワンちゃんは家族の大切な一員!

 

 

そういう愛犬家のあなたにとってワンちゃんがドッグフードを喜んで食べてくれないといったときはちょっと心が痛んでしまうんじゃないでしょうか・・・!

 

 

そして、私たちの食生活を気遣う以上にかわいいワンちゃんのその小さなカラダの健康を守るために、本当に健康に良いものを食べさせてあげたい!

 

 

こんなあなたの願いをかなえてくれる、・喜んで食べてくれる犬のカラダが本来欲している栄養素がたっぷり含まれているという理想的なドッグフードがあります。

 

 

そのドッグフードの名は・・・【カナガンドッグフード】^^

 

 

好き嫌いが激しかったうちの子があんなに一生懸命食べてる姿は初めてみました!

 

 

栄養がしっかりと足りているからなのか、不思議とおやつをほしがらなくなりました!

 

 

こんな喜びの声がたくさん寄せられている、【カナガンドッグフード】^^

 

 

このドッグフードがこだわっているのは、グレインフリー(穀物不使用)。

 

世界中の愛犬家から愛用されている高品質なプレミアムドッグフード

犬の祖先はオオカミであり、どんなに生活スタイルが変わろうとも、肉食動物としての消化器官に変わりはありません。

 

 

犬の唾液には「アミラーゼ」と呼ばれる、でんぷん質の炭水化物を分解する酵素が含まれず、トウモロコシ・小麦・大麦などの穀物をしっかりと消化できないどころか、皮膚のトラブルをはじめとしたさまざまなアレルギー症状につながっていってしまいます。

 

 

この事実がありながらも、従来のドッグフードのほとんどに安価に調達することができるトウモロコシ・小麦・大麦といった穀類が使用されてしまっています・・・。

 

 

【カナガンドッグフード】はこれらの穀類を徹底的に不使用としたグレインフリーのドッグフードとして本場イギリスのベストセラーとなっているんです。

 

 

採用されている厳選素材には、どんなワンちゃんでもおいしく食べることができる高タンパクで免疫力を保つセレンが豊富なチキンをはじめ、美しい毛並みと健康的な皮膚を維持するのに必要な必須脂肪酸がたっぷりと含まれた鶏脂・・・etc.

 

といった考えつくされた配合で、いままで好き嫌いが激しくなかなか喜んで食べてくれなかったワンちゃんでもヤミツキになって食べてくれるほど♪

 

 

あなたも本当にカラダにいいものを、そしてなによりもおいしく食べてくれるドッグフードを探しているなら【カナガンドッグフード】は最適だと思いますよ^^

 

カナガンドッグフードで愛犬の食生活を管理

犬を飼っている人に話を聞きますと、揃ってこう答えます。

 

 

「愛犬は、大切な家族の一員である」と。

 

 

だからこそ、いつまでも一緒に過ごせるようにと躾をしっかりと行ったり、毎年欠かさず狂犬病の予防接種やフィラリアをはじめとした感染すると大変なこととなる病気に関しての予防を行うのです。

 

 

そして生きていくうえで、その根本的な部分で言いますと、食事についての配慮が必要となるはずです。

 

 

ペットブームもあってか、現在ではたくさんのペットフードが商品化されています。

 

 

犬用の食事も同様で、ドッグフードの種類は、国内、海外製を含めますと、相当な数に上ります。

 

 

その中から愛犬にどれを与えるのか、この選択は、飼い主であるあなたの役目となります。

 

 

カナガンドッグフードというイギリスから直輸入されて販売されているドッグフードがあります。

 

 

そしてカナガンドッグフードを愛犬に与えているお宅が、その数を伸ばしているそうです。

 

 

その理由は果たして何なのでしょうか?

 

 

まず基本的な商品説明をしますと、まず使用している食材が、穀物を一切使用していないことが特徴です。

 

 

これは、消化器官、皮膚のトラブル、犬のアレルギーを回避する為となっており、チキン、サツマイモ、海藻、マリーゴールド、クランベリー、カモミールを使用しています。

 

犬アレルギーを引き起こしやすい穀物を使用していません。

使用する食材それぞれが、犬の体にとって良いとされる事、そして新鮮で高品質にこだわる事で、よりその効果を高める作りとなっているのです。

 

 

こうしてこだわり抜いた食材を使ってドッグフードを作るのですが、その製造工程もしっかりと管理されたものとなっており、こうした一連の努力が、安心、安全、喜ばれるドッグフードという形に仕上がります。

 

 

それともう一つ、カナガンドッグフードが犬に好まれる食事となっていることも見逃せません。

 

 

先ほど紹介したようなこだわりで作ったとしても、犬がそれを食べたいと思わなくては話になりません。

 

 

その点、カナガンドッグフードは、多くの犬に好まれるドライフードの美味しさを実現しました。

 

 

そして、最近飼われている数が多いと言われます小型犬も美味しく召し上がれるようにと、小粒な作りとする事で、あごに負担なく、しかし食べ応えの十分のあるドッグフードを作り上げました。

 

 

実際に試されたお宅では、80%を超えるリピート率もあるということなので、これまで愛犬の食に関して大してこだわってこなかったという人も、偏食が多くて困る、健康面で不安があると感じている方にも、ぜひお試し頂き、愛犬が美味しそうに食べているのか、しばらく経過した後の健康状態はどうなのか等をご確認いただければと思います。

 

ドッグフードの食いつきが悪いときの対処法

 

大切な愛犬にはできるだけ良質なドッグフードを与えたいと考えている飼い主さんは多く、多少値段がしたとしてもそれが愛犬のためになるならばと頑張っていると思います。

 

 

しかし、どんなに良質なドッグフードであっても愛犬がそれを好みだと思うかどうかは別の話で、いざ与えてみると最初こそは食べていたけどしばらくすると食べなくなった…というのもよく聞きますよね。

 

 

食べなくなるたびに味を変えるという方法もありますが、さすがにそれを続けるとなるとサンプル量のフードでない限り余ったフードが毎回無駄になってしまいます。

 

 

また、あまりにも頻繁に種類を変更するとそれこそ本当に飽き性になってしまい、特定のドッグフードを食べなければいけない場合に問題となることも。

 

 

そうした困ったが起こらないようにするためにも、できるだけドッグフードは食べないから変えるということはしたくありません。

 

 

そこで、今回はドッグフードの食いつきが悪いときの対処法についてご紹介しますので、もし現在コロコロドッグフードを変えている場合はそうしたことはやめて、まずは今のドッグフードを食べてもらうためのトライをしてみてください。

 

 

 

愛犬がドッグフードの食いつきが悪いときの原因

 

 

愛犬に健康でいてもらうためにもしっかりフードを食べてもらいたいですよね。

 

 

たくさんの種類のドッグフードがある中からいろいろ調べ、これなら愛犬も喜んで美味しく食べてくれるはず…!とドキドキしながら購入することも少なくないでしょう。

 

 

しかし、実際に購入して与えてみたものの最初はいい感じだったのにすぐに食べなくなったり、しばらくは問題なく食べていたのに急に食べなくなった…なんてことはありませんか?

 

 

愛犬がドッグフードを食べてくれないと心配になりますが、なぜドッグフードの食いつきが悪くなってしまうのかの原因を知ることで対処もできるため、まずはその原因を考えてみましょう。

 

 

主に犬がドッグフードに対して食いつきが悪くなる原因は次のようなものがあります。

 

  • 頻繁にいろんなフードに変えている
  • 少し食べないと心配してトッピングをする
  • お腹がすいたら食べるはずだと出しっぱなしにしている
  • 愛犬自身がいつでも食べられると安心しすぎている
  • 愛犬が自分自身で食事量をコントロールしている

 

確かに味の好みというのもありますが、少なくとも最初の段階でちゃんと食べているのであればそのフードに対して悪い印象があるわけではないと思います。

 

 

また、食いつきではなく食欲の問題であれば食事を変えるのではなく、早い段階で動物病院へ受診する必要がありますが、ただの食いつきの問題であれば一度いずれかに当てはまっていないか見直して対処するようにしましょう。

 

 

 

愛犬がドッグフードを食べたいと思える工夫

 

 

愛犬がドッグフードに対して食いつきが悪いと感じたとき、ほとんどの飼い主さんはどうにかして食べてもらおうとさまざまな工夫をこらします。

 

 

しかし、よかれと思っているその工夫が実は愛犬のドッグフードに対する食いつきの悪さを助長するものとなり、結果としてさらに食べないという状況を生み出していることがほとんどです。

 

 

そうならないためにも、食いつきが悪いときは真っ先に食いつきをよくするための工夫としてトッピングをしたりフードの種類を変えるのではなく、まずは「食べないとなくなってしまう」ということを考えてもらうようにしましょう。

 

 

そのためにはまず「いつか食べるはず」と思ってフードを置きっぱなしにしないことです。

 

 

フードを置きっぱなしにしていることで犬が考えることは、「いつでも食べることができる」ということなので、別に与えられた時間にわざわざ食べる必要がないと判断してしまいます。

 

 

もともと犬は狩りをして獲物を得ていましたが、やはり野生の世界となるといつまた獲物にありつけるかわかりませんので、いつまでも残しておくということはしません。

 

 

また、群れで生活をする動物なので食べないからといつまでも残してもらえるわけではなく、あるときにしっかり食べなくては他の仲間にすべて取られてしまいます。

 

 

しかし、家庭犬となったことでそのような心配事がなくなりいつでも食事にありつける安心感が、「食べない」という選択をする結果となっているケースが非常に多いです。

 

 

ですので、食いつきが悪いからと真っ先にフードをアレンジするような工夫をするのではなく、まずは「食べないと食べられなくなってしまう」という認識から育てるようにしましょう。

 

 

大半はこの「次のごはんまで食べ物はないからね」というのがかわいそうになってしまい、根負けして他の食べ物を間で与えてしまったりトッピングをしたりしてしまいます。

 

 

犬は健康であれば2週間は食べなくても元気に過ごしますので、最大2週間を目安にがんばってみてください。

 

 

2週間も?!と驚かれると思いますが、たいていの子は1週間近くもすると空腹に負けて食べてくれるようになります。

 

 

 

愛犬の便の状態から考える良質なドッグフード

 

 

ドッグフードに対する食いつきをどうにかしたい!ということであれば、まずは「食べなければ次まで食べ物がない」という考えを育てることがまずは重要であることは例外なくすべての犬種にいえることです。

 

 

しかし、それでも根負けをしてこれまでにもトッピングを繰り返している場合、なかなか頑固な状態になっていることも少なくありません。

 

 

愛犬も「いずれは今以上に美味しいものを提供してくれるのはわかっているから待とう」という絶対的な自信があるので、それが2週間以上の長期戦になるのは避けるべきです。

 

 

じゃあもうトッピングをするしかないのか?というとそうではなく、トッピングをしなくてもいいフードに変えてトッピングなしでの食事を当たり前にしてあげるようにします。

 

 

トッピングをしなくてもいいというのは、トッピングをしなくても食いつきの良いフードを選んであげるということ。

 

 

そのためには味も愛犬が喜んでくれるものにしなければいけませんが、選ぶ基準は味だけではいけません。

 

 

フードが体にあっているかどうかを判断するひとつのバロメーターとして分かりやすいのが便の状態です。

 

 

つまり、食いつきの味だけではなく便の状態から本当にそのフードが体にあっているかどうかを判断しなければなりません。

 

 

良質な便の状態は、床に落ちた便を拾ったときに床に跡が残らないくらいの硬さで少量であること。

 

 

モリモリたくさんの量をしたのを見ると「快便なんだ!」と喜んでしまいそうですが、実はその逆で体にあっているフードだと小型犬なら1回で2〜3cm程度のものが3〜4個、中型や大型でも5cm程度のものが2〜3個といったように小さく少量で出てきます。

 

 

もちろんフードの種類によっても多少変化はしますが、消化率がよく栄養がしっかり吸収されている場合当然出てくる量も減るためそうした結果となるのです。

 

 

 

獣医師推奨のカナガンドッグフード

 

 

とはいえ、味よし消化吸収よしのドッグフードなんてどれを選べばいいの?というのが正直なところですよね。

 

 

もし、現在あなたの愛犬の便の量が多く柔らかめで与えているドッグフードが穀物類の多い商品であれば、グレインフリーのカナガンを検討してみることをおすすめします。

 

 

カナガン以外にもグレインフリー商品はたくさんあるなかで、なぜおすすめの対象になるのかというと『安心が大きいから』というのが一番の理由です。

 

 

なぜ安心が大きいと判断できるのかというと、健康のためにさまざまな病気の治療だけではなく、予防も徹底して飼い主に伝えている獣医師が推奨しているからなんです。

 

 

獣医師のような医療従事者の立場で考えると、栄養バランスの構築が難しい手作り食や総合栄養食のバランスを崩すトッピングはおすすめできません。

 

 

また、こうした偏食を続けているともし療法食が必要となったときほとんどの子がそれを拒否してしまうため、そもそも治療が進まないといった自体を招いてしまいます。

 

 

ですから、普段からドッグフードだけでちゃんと食べるようにしておくことは実はとても重要なことで、もし現段階で食いつきに悩みコロコロフードを変えたりトッピングをしたりしているのであれば、ぜひカナガンを試してほしいのです。

 

 

 

カナガンドッグフードの口コミ

 

 

カナガンならフードの食いつきに対する悩みを解決し、ドライフードだけで食べる習慣を身につけることができるはず。

 

 

しかし、どんなに推奨されるフードでも個体によって合う合わないは必ず出てくるものです。

 

 

そこで、悪い口コミの良い口コミをそれぞれご紹介しますので、カナガンを与えることでどのような変化が出てくるのかの参考にしてみてください。

 

 

悪い口コミ

 

20代女性「カナガンを食べてから便の状態がいいと知り合いが言っていたので、うちの子も試しに食べさせてみました。

 

うちの子はもともと便の状態に悩んではいなかったのですが、ニオイが軽減されたり今より状態がよくなるならと思ったからです。

 

ですが、うちの子の場合カナガンを食べさせると便がゆるくなってしまったので合わなかったんだなと途中でやめてしまいました。

 

もとのフードに戻したら便の状態も戻ったのでリピはしません。」

 

 

30代女性「偏食しがちな子でも食いつきがいい!と聞いたので買ってみましたが、私の子は無反応…。

 

子犬の頃からトッピングをしたり手作り食を与えたりしていたので、もうそうしたお口になっちゃったのかな。残念です。」

 

40代男性「カナガンを食べるようになってから便の状態がよくなったし毛づやもツヤツヤになりました。

 

しかし、値段が高いので継続に悩んでいます。値段がもっと安ければいいのですが…。」

 

 

 

良い口コミ

 

 

40代女性「うちの子は偏食がひどくドッグフードだけでは全く食べてくれない子で困っていました。

 

カナガンならそうした子でも食いつきよく食べてくれると聞いたので、試しに購入してドキドキしながら開封。

 

すると、開けた瞬間からうちの子の反応がいいような…気のせい?と思ったのですがそれはすぐ答えがでました。

 

なんと、カナガンだけでおいしそうに完食したのです!

 

トッピングする必要もなくなったのでこれからはトッピングにかけてた費用をカナガンにまわしていきます!」

 

 

30代女性「軟便気味の我が子で病院で定期的に整腸剤を頂いてました。フードもいろいろ試してみましたがしっくりくるものがなく…

 

処方食も考えましたがそれは最終選択として残しておきたい。

 

そんなとき獣医さんがおすすめするカナガンを見つけ、お腹にも優しいフードだということで買ってみました。

 

フードを切り替えるときは1週間かけてゆっくりと変えないと逆にお腹を緩くしてしまうので、焦らずゆっくり様子見ながら切り替え。

 

ですが、正直途中でオールカナガンにしちゃってもいいかな?と思ったりしたんです。

 

なんせすごく美味しそうにワクワクしながら食べるんですもの(笑)

 

そして肝心のお通じはなんとコロコロの適度に硬いいい感のものに!

 

本当にカナガンに出会えてよかったです!」

 

 

20代女性「うちの子はトッピングがあっても食べなかったりすぐにフードにも飽きたり本当に困った子でした。

 

一時期体調不良を起こしたときも病院から指定されたフードではだめで、どうにか食べてくれるのに苦労したくらいです。

 

さすがにこのままではいけないと思い、まずはひとつのフードを継続できることを目標においしくて体にいいと評判のカナガンを試しました。

 

念の為トッピングも用意しておきましたが、与えるとそんな心配は無用だったようでぺろり。

 

もうないの?といった様子で待っていたほどです…。

 

びっくりしましたが本当に嬉しく今後もお世話になります!」

 

 

 

カナガンドッグフードだから絶対安心ではない

 

 

良い口コミと悪い口コミをそれぞれご紹介してなんとなくお察し頂けたかと思いますが、カナガンは決して万能フードではありません。

 

 

食べない子が必ず食べるわけではありませんし、必ずお通じが良好になるわけでもなく、場合によっては無駄になってしまうことも。

 

 

しかし、ひとつ疑問としてあげられるのが口コミを寄せてくれた方のフードの与え方が果たして適切だったのか?ということです。

 

 

もともと偏食が強い子はどんなに嗜好性の高いフードでも反応が悪いということはよくありますし、便の状態もいきなりフードを切り替えると逆に緩くなる子もいます。

 

 

ですので、まずはいつものフードに少しずつ混ぜて徐々にカナガンの割合を増やし、最終的にカナガンどけにすることでお腹の調子を狂わせないようにしたり、食べないのであればいつまでも置かずに直ぐに下げ、次の食事の時間まで水だけ…といった工夫が必要です。

 

 

それでも全くダメだった場合はやはりカナガンでも太刀打ちはできないでしょう。

 

 

ですが、犬という生き物は本当に賢いので「嫌なら食べなければいいし食べなければもっといいものを貰える」と学習をしています。

 

 

ですから、逆に「この食べ物しか食べるものはな食事の時間を逃したら食べ物はない」ということも学習できるのです。

 

 

こうしたことも踏まえたうえで本当にカナガンがだめだったのか?それともやり方に間違いはなかったか?を考え、結果を判断するようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

グレインフリーのドッグフードはたくさん出回っていますが、グレインフリーだから必ず愛犬の体に合うとは限りません。

 

 

しかし、もし現在便の状態や食いつきに悩みを抱えているのであれば、一度獣医師推奨のカナガンを試して見る価値はあると思います。

 

 

もしあなたの愛犬がグレインフリーに対して良好な反応を示す体質なのであれば、良い結果が得られるはずです。

 

 

ですが、試すときはいきなりカナガンに切り替えるのではなく1週間ほどかけてゆっくり割合を増やしていき、その日その日の変化を少しずつ観察するようにしてください。

 

 

決して焦らずある意味長期戦だと考えながら試してみましょう。

 

 


 

▲上へ戻る